作家/構成作家/コピーライター 瀧森古都



作・絵/瀧森古都

◆絵本「白カブトの涙」とは
絵本「白カブトの涙」は、今から数年前、近くの小学校で行われていた朗読教室で発表した物語です。子どもたちに、「まだこの世に出ていない物語を紹介できれば」と思った事がきっかけで創作しました。
パソコン・タブレット・スマートフォンなど、WEB上にてご自由にお読みください。
※無断印刷・内容の転売は固く禁じます。

◆読み方
絵をクリックすると次のページへ進みます。
画面左下の小さい矢印でも、前後のページへ移動できます。
絵以外のスペース(背景の黒い部分)をクリックすると、絵本画面が消えてしまうのでご注意下さい。

◆あらすじ
涙をひと粒でも流すと、消えてしまう運命の白いカブトムシ。
白カブトと呼ばれる彼は、生まれた時から「泣いてはいけない」と言われて生きてきたため、泣き方を知らない。
そんなある日、悪意ある研究員に捕獲されてしまう白カブト。その際、白カブトの羽の中に一匹のアリがはさまっていた。
ごく普通のアリは、泣かない白カブトにこう言う。
「キミって強いね」
人間に捕獲された虫たちは、みんな泣いてしまうにもかかわらず、白カブトが泣かないことをアリは「強い」と認識する。
白カブトは、「泣かない」のではなく「泣けない」ということをアリに伝える。
泣き方を知らない白カブトは、ごく普通のアリとの出会いにより、様々な「気づき」を得ることとなる。
そして、悪意ある人間から自分たちの身を守るべく、白カブトとアリは心を一つにすると共に、白カブトにとってアリは、閉ざされた心を開いてくれる鍵のような存在となっていく。
しかし、閉ざされた心を開き、本当に大切な事を知った白カブトは・・・。
悲しい宿命を持つ白カブトと、ごく普通のアリの温かくも切ない感動物語。

お問い合わせ先はこちら
contact@officekotonoha.com

◆製本版について
『さわや書店 本店様』にて、お取り扱いいただいております。電話019-653-4411
価格は¥500(税込)です。サイズは手のひらより少し大きいB6(128×182)。
お求めやすい価格を維持するため、表紙はソフトカバーとなっております。
よろしくお願いいたします。

◆書店様へ
絵本「白カブトの涙」を委託してくださる書店様、メールにてご一報いただければ幸いです。
ご返信にて、買い取り価格などの詳細をお伝えできればと思います。
よろしくお願いいたします。contact@officekotonoha.com